千の寿招福

千住宿 千寿七福神めぐり
 
千寿七福神

平成23年(2011)千寿七福神の地図、詳細はこちらへ
【千寿七福神】新春七福神めぐり 新しい一年のスタートは七福神詣で決まり!
足立朝日2010年12月20日号


平成20年(2008)より 千寿七福神が 変わりました
昨年 2007年 4寺院が脱退し 千寿七福神の存亡が 
心配されましが 4つの神社がひきつぎ 
千住宿 千寿七福神として 新たに開設されました

アクセス
北千住駅
JR常磐線・千代田線・日比谷線・東武・つくばエクスプレス 
京成千住大橋駅

千寿七福神 千住の見所、食べ処
①福禄寿 河原町稲荷神社 千住河原町10-13 千住大橋駅 / 芭蕉句碑・像/やっちゃ場跡 
千住宿歴史プチテラス(東京の七福神写真展
②弁財天 仲町氷川神社 千住仲町48-2 関屋天満宮 / 貫目改所跡・一里塚跡 / 北斎「関屋の里」
③大黒天 本氷川神社 千住3-22 横山家 / 絵馬屋 / 名倉医院 / 槍かけだんご
日光街道シャッターアート(宿場町通り)
④布袋尊 大川町氷川神社 千住大川町12-3 荒川土手 / 学びピア / 富士塚
⑤寿老神 元宿神社 千住元町33-4 お化け煙突跡 / 墨堤通り
⑥恵比寿天 千住神社 千住宮元町24-1 日光街道 4号線
⑦毘沙門天 八幡神社 千住宮元町3-8

 順路 

●北千住駅発(JR、千代田線、日比谷線、東武線、つくばエクスプレス)

右廻り ②仲町氷川神社→①河原町稲荷神社→⑦八幡神社→⑥千住神社→⑤元宿神社→④大川町氷川神社→③本氷川神社
左廻り ③本氷川神社→④大川町氷川神社→⑤元宿神社→⑥千住神社→⑦八幡神社→①河原町稲荷神社→②仲町氷川神社
 

●千住大橋駅発(京成線)

①河原町稲荷神社
②仲町氷川神社
③本氷川神社
④大川町氷川神社
⑤元宿神社
⑥千住神社
⑦八幡神社
 


平成23年(2011)千寿七福神のご案内

千寿の7つの神様を巡拝して、新しい年の開運を祈りましょう。



●3日まで、仲町氷川神社で、地元千寿七福神の会による
ふるまい酒、模擬店が出ます。








【千寿七福神】 
新春七福神めぐり 新しい一年のスタートは七福神詣で決まり!足立朝日2010年12月20日号


● 千寿七福神の発起人・・千住永見
● 12/30~1/11 東京の七福神写真展 ・・千住宿歴史プチテラス
● 千の寿招福千寿七福神・・千住物語




京成電鉄 千住大橋駅 スタート   
5分

福禄寿

河原町稲荷神社
10分

弁財天
仲町氷川神社
20分

大黒天

本氷川神社
10分

布袋尊

大川町氷川神社
15分

寿老人

元宿神社
20分

恵比寿天

千住神社
10分

毘沙門天

八幡神社
15分
千住大橋駅着 約7000歩 せっせと歩いて1時間半 ゆっくり歩いて3時間
  
 

 

2008年元旦
全部神社になった 新千寿七福神めぐり
無無庵さんこと酒井先生と爺とjusinと3人の七福神初日悉皆詣濃縮道中




 

宿場通り
日光街道シャッターアート

きびだんごをくださいな
本氷川神社
最初の大黒様

元旦は 
北千住駅よりスタート 宿場通り 元旦ということもあって 商店街のシャッターが迎えてくれた。足立高校の生徒さんが描いていることは 知っていたけれど 見事な 日光街道シャッターアートが展開されていた 千住宿、草加宿、春日部宿~日光まで 16枚+6 。そこへ 商店街の会長さんと遭遇 シャッターアートの苦労話を伺うことができた。最初から 思いがけない 広重、北斎 真っ青の千住路上美術館をあとにする。今日は 千寿七福神めぐりだ!さあ ひとつめの本氷川神社へ 鳥居の前 きびだんご屋が。 小腹もすいたので きびだんごをくださいな。きなこでゴホゴホ せきこんだりして。さあ やっとこさ 1時間半かかって最初の大黒様と・・ そこでまた 美人の親子にインタビュー 娘さんの七五三はこの神社 懐かしい神社で 七福神めぐりだそうだ。あいや こんどこそ  大黒様へ 七福神の色紙・ご朱印、七福神スタンプラリーの台紙をいただく。

大正道路
初かつぎ
大川町氷川神社
布袋尊にひょっとこが
荒川土手で撮影中気分

さて 次なる神社へ が、千住初かつぎの神輿に遭遇 無無様 赤ちゃん発見! 神輿と赤ちゃんの写真を撮りに走る。jusinも シャッターを押しまくった。神輿が去り 昭和通りが静かになり 2番目 大川町氷川神社 布袋尊へ。鳥居をくぐると 富士塚がある そして甘酒と酒のふるまいだ。 千寿七福神 発起人の永見ご夫婦に お会した。大道芸人さんが 正月ムードを盛り上げる。元町神社までは 土手沿いに歩いた。
すみきった青い空 白い雲 あまりのすがすがしい天気に 無無様 突然 映画監督に変身
やがて荒川放水路に出る。青い空、白い雲、青い土手、大きなリバー空間の広大な風景スクリーンの中へ、初かつぎのみこしはにぎやかに消えていく。 「古い映画館の鎮魂歌だ。古いものは去る、『風と共に去りぬ』の名画のようだ。往年のフランス映画『舞踏会の手帖』のように、むかしを懐かしく訪ねて回ってしまった。古いものは去っていた。しかし、そこから新しいものが復活しつつあった・・ムム

千住神社→八幡神社
初かつぎを終えて
河原町稲荷神社
福と長寿を願う
仲町氷川神社
1歳おめでとう

元町神社とその後は順調 食事をする店が なさそうなので スーパーで おにぎりを購入 墨堤通り 水門跡の空き地で 千寿の歴史を語りながら おにぎりTIME。次の千住神社では 初かつぎの神輿が終わったところ 神輿をかたしていた。八幡神社 日光街道を渡り わが町 河原町稲荷 福禄寿様。ここでは 生まれてまもない 赤ちゃんと出会う。福と長寿を願いましょう。旧道 千住宿歴史プチテラスで この3年 お正月に 「東京都の七福神写真展」を開いている 若者がいる ギャラリーの壁が すべて七福神 東京の七福神を調べ写真を撮っている 今後は 弁財天を調査したいと 意気込んでいた。墨堤通りにもどる。7つめ 仲町氷川神社・弁天様は 右手に剣を握り左手に宝珠を持っており、塔の上部には日月、中ほどには二鶏、下部に三猿がそれぞれ刻まれ、弁財天を主尊とした庚申塔としては現在のところ東京では一基と云われ 大変貴重。いやや 時間は 4時半をすぎようとしている  アートに赤ちゃん、神輿に荒川土手映画撮影 道中6時間 あちゃこちゃうろうろ大騒ぎ千寿七福神めぐり。最後 初詣の看板のまえで 1歳の誕生日を迎える坊ちゃま おめでとうと声をかけると ブルブルっとむしゃぶるい 大きな笑いがおこる 七福神前でした。 jusin










  

home


home